中国で仮想通貨が加速する理由

現在、中国では仮想通貨が加速をしていますがそれと平行する形で法律による規制も強化されています。中国では仮想通貨に使用されている技術、ブロックチェーンの技術を使用し、自国の通貨を仮想通貨へと起き変え完全なるキャッシュレス社会へと変えようとしている動きがあります。これには利点がありまして、現在国民が所有している財産である貨幣のすべてを仮想通貨のようなデータに置き換えるという取り組みは中国でしか行われておらず、その理由は暗号化技術が未だ、完全ではなく、情報さえ何とか盗み出せば現金を入手することが容易であるため、ほかの国においては完全なるキャッシュレス社会にすべき自国の国民すべてが仮想通貨を使用しているわけではないのです。ですが中国の場合、国民総出で国家が推し進めるキャッシュレスの仕組みとして仮想通貨の技術を使用しているというのが現状です。この技術が完全に安全性の高い技術となれば、利点としてはその人でしか現金を使用できないという利点も生まれます。また、現金の場合、銀行に預けますが盗まれるということもあります。電子データ化されたデータの通貨であればその問題も解決され、データこそ盗まれたとしても暗号化を解く手段が無ければ、オンライン上で自由に口座の設定を盗まれた所有者が変更することができるので盗んだ側もデジタル通貨を自分の口座に送金することや現金をすべて引き出すこともできないのです。また、現金を第3者の口座に移すのであれば、第3者が誰であるかを特定しやすいという利点もありますので、万が一デジタル貨幣が盗まれてしまっても、盗んだ人物の口座に現金が振り込まれた瞬間に逮捕することも容易です。ただ、現状においては、現在中国が飛躍的に技術を伸ばしており、脅威とされています。その理由ですが、技術が進化をしたうえで、その技術に他国が追い付けないとなった場合、便利な技術を提供する国の技術に頼るしかありません。ですが、他国の技術の中にスパイプログラムが入っていることも考えられますので、現状においては、仮想通貨のシステムを完全なるものにすべき各国は競い合っているが、現状の所は中国が一番飛躍的に仮想通貨と自国の貨幣をデジタル化するデジタル通貨の分野で進化を続けているというお話です。日本においては現状では、デジタル貨幣を推進してはおらず、ポイントを貰うことができるカード類こそ推進してはいるが、自国の貨幣をデジタル通貨に変更することは推進されていないです